大腸がんに要注意|食生活を見直して回避しよう

 	医者

新しいガン治療

先生

日本人に多く見られる症状であるガンの治療に適しているのが、免疫治療と言われる方法です。この治療を行なうことで、免疫力を高めることができ、ガン細胞を攻撃して治療を施してくれます。

化学療法のメリット

病室

抗がん剤を使うがん治療の化学療法は、全身に作用させることが可能です。全身に転移した細かいがんを治す時も有は効です。手術では取りきれないがん病巣を抱えている時にも候補に上がる治療法です。抗がん剤の副作用は先進医療の免疫療法で軽くすることができるため、化学療法と併用する患者さんも増えています。

信頼できる医者を探そう

看護師

かかりつけ医を決める際は、医師の対応や治療法など、口コミから評判を調べておくことが大切です。視覚的に評価がわかりやすく、検索機能が充実している口コミサイトを使うことで、効率的によい病院を探すことができます。また、病院を利用した近所の人や友人に直接聞くことで、思わぬ優良病院に出会えることもあります。

早期発見が有効ながん

大腸がんの症状や生存率は知っておいたほうが良いですよ!病気に関する知識を知っておけば対策できますよ。

日本人で増加しているがん

先生

日本人の大腸がんは増加傾向にあります。戦後の食生活の欧米化に伴い、大腸がんを原因とする死亡が年々増えてきています。もともと米や野菜が中心の食事をしてきた日本人ですが、戦後に肉や脂を大量に摂取する食生活が広まるにつれて、大腸がんが増加しています。食生活を昔のように改めることは難しいので、今後とも、日本人の大腸がん罹患率は増加していくことが予測されています。大腸がんは自覚症状がほとんど無いため、発見されたときには、かなり進行してしまっているケースがよくあります。実際、大腸がんがかなり進行し、肝臓や肺など他の場所へ転移してからそこの具合が悪くなって、はじめて大腸がんに罹患していることが判明する事例がたくさんあります。

早期発見の大切さ

大腸がんは、早期に発見して適切な手術を受ければ、ほぼ完全に治癒し、再発の心配も少ないがんです。そのため、定期的に検診を受けて、なるべく早い段階で発見することが大切です。40歳を超えると発症率が高まりますので、その年齢以降になったら、1年から2年に1回程度の割合で、大腸がん検診を受けることをお勧めします。検診は通常、内視鏡を用いて実施されます。費用は検診を実施する医院によって様々ですが、1万円から2万円程度のところが多くなっています。専門の医師が内視鏡を用いて丹念に肉眼で検査していきますので、ポリープ等があれば、ついでに除去してくれます。ポリープも大腸がんに変化する可能性があるものですから、除去してもらうと安心です。